葵祭り    表紙へ戻る

 京都三大祭の先鞭をきる葵祭りは上賀茂・下賀茂神社の祭りで毎年5月15日に行なわれます。天候不順の季節なのでよく順延や中止になりますが今年は天気もよく、さらに土曜日とあって、行列が出発する京都御所は大変な混雑振りでした。
上のビデオは河原町通りを北上する祭りの行列です。

この祭りは三大祭の中で最も古い起源を持ち平安時代には貴族たちも多く参加し、行列は御所から勅使や斎王などが両神社に向かう行事だそうです。

はじめは徒歩や騎馬の護衛兵が連なり、輿に乗った斎王代、それに続く女官の行列、最後は高官の乗る牛車が続きます。先頭から最後尾まで約1時間かかります。

この日は先頭付近を歩いていた2頭の馬が暴れだし、その内1頭は市街へ走り出しニュースになりました。下の点描写真の方はすぐ取り押さえられ事なきを得ました。

祭りの詳しい解説は京都市のホームページ

http://raku.city.kyoto.jp/data/cssys/bulletin/buttonj3.html

に出ています。

葵祭り点描 下のサムネイル(小さい絵)をクリックすると大きくなりま


斎王代の輿

牛車

馬が暴れる
inserted by FC2 system