パリ 1968 表紙へ戻る 地図へ戻る

スイス・オーストリア旅行の続きです。

凱旋門ノートルダムシャンゼリゼルーブルエッフェル塔オペラ座ベルサイユフォンテーヌブロー 等

パリの歴史は古い。ローマ軍がこの地を支配するずっと以前からケルト系ガリア人パリシイ族(パリの語源)がシテ島に住みつきセーヌ川を利用する交易の町をつくっていたという。現在のノートルダム寺院の敷地内にその当時の祭壇址が発見されている。

カエサルによるガリア制圧後はルテティアと名付けられ北部ガリアの中心都市となって栄えた。

西ローマ帝国崩壊後はゲルマン諸族やノルマン人の侵略により荒廃したが、フランク王国の祖クロービスが宮殿を築き多くの修道院が建立され政治・宗教の中核都市として発展し、特にフランク王国がカペー朝(987−1328)になってから恒常的な首都に定められ中世ヨーロッパ最大の都市に発展した。

中世から近世にかけてのパリ市は不潔で雑然とした町であったが、革命後19世紀になりナポレオン3世がオスマンに命じて、ナポレオンが建設したこの凱旋門を中心とする放射状の道路が整備させ、現在見られるような美しい都市になった。

ノートルダム大聖堂

シテ島の中心にある司教座教会でフランスカトリックの総本山。

古くからこの地に聖堂が建てられていたが現在の建物は12世紀に始まり約200年かけて建立された典型的なゴシック様式の聖堂。

左写真は正面入り口。中央入り口には最後の審判の場面を表す彫刻群で飾られている。

この上にバラ窓、さらにその上に怪物(キマイラ)の回廊があり、登ることが可能である。

内部は6000人のミサが行えるという広さ。薄暗いが巨大なバラ窓が見事である。訪れたのは日曜日でミサが執り行われていた。巨大なパイプオルガンが奏でられ、まさに魂を揺さぶる音が堂内に鳴り響く。

ノートルダム寺院点描 下のサムネイル(小さい絵)をクリックすると大きくなります


正面より

バラ窓とオルガン

ミサの風景

キメイラ(怪物)
の回廊

回廊より西(エッフェル塔方面)を望む

回廊より北(モンマルトル方面)を望む
丘の上に霞んで見えるのはサクレクール寺院

シャン・ゼリゼ大通り 

凱旋門からコンコルド広場を結ぶ大通りがシャン・ゼリゼ大通り。パリの中心といっていい。

道の両脇には有名なブランドの店やしゃれたカフェーが並んでいる。

突き当たりにはコンコルド広場、チュイルリー公園を経てルーブル宮に至る。

シャン・ゼリゼ周辺点描 下のサムネイル(小さい絵)をクリックすると大きくなります


シャンゼリゼ通り

チュイルリー公園

チュイルリー公園から凱旋門方面
中央の尖塔はコンコルド広場のオベリスク

ジャン・ダルク像
ルーブル宮の北

カルーゼルの
凱旋門


ルーブル美術館

パリには無数の美術館・博物館があるがその中でも最大のものがルーブル美術館。

この当時はまだ、印象派などの近代絵画専門のオルセー美術館はなくここルーブル美術館におさめられていた。

左の建物がルーブル美術館で右端に見えるのはカルーゼルの凱旋門

美術館展示品 下のサムネイル(小さい絵)をクリックすると大きくなります


落ち穂拾い
ミレー


ミロのヴィーナス

シャイヨー宮からトラカデロ公園セーヌ川を隔ててエッフェル塔方面を望む

この辺りは1889年、1937年に開催されたパリ万博の会場になったところ。

エッフェル塔は1889年の万博の目玉建造物として、シャイヨー宮はメインパビリオンとして建てられた。


パリ市内点描 下のサムネイル(小さい絵)をクリックすると大きくなります


コンシェルジェリ
(シテ島)
大革命時代牢獄のあったところ

マドレーヌ寺院
ギリシャ神殿風教会

オペラ座

オペラ座正面
中央上のレリーフはバッハ

オペラ座
左からベートーベン・モーツアルトのレリーフ

パンテオン
本物はここ

パンテオン内部

パンテオン
革命家ガンベッタの心臓壺

ソルボンヌ大学
カルチェ・ラタン

パ リ 郊 外

ベルサイユ宮殿

ベルサイユ宮殿

太陽王ルイ14世が建てた壮大な宮殿
パリの南西郊外にある。

宰相フーケの館(下)を参考にしたという。

革命前夜マリー・アントワネットもここに暮らしていた。

ベルサイユ点描 下のサムネイル(小さい絵)をクリックすると大きくなります


広大な庭園

鏡の間

マリー・アントワネット

天井のフレスコ画

ナポレオン戴冠式
デビッド

ヴォー・ル・ヴィコント 1988.8.28


ルイ14世に仕えた宰相 ニコラス・フーケがパリ郊外につくった館と庭園
ルイ14世はこれを見てヴェルサイユ宮殿を造ったという。
さらに臣下の分際でこのような宮殿を造るのは不敬とフーケを投獄した。

フォンテーヌブロー 1988.8.27

フランス王家の狩り場の中に建てられた美しい離宮。

ナポレオンもこの離宮を愛しよく滞在した。

下は庭園

inserted by FC2 system